過払い金依頼の失敗例(6) 過激な勧誘トーク 

過払い金請求の依頼先を探していた時、
知人から紹介された、某司法書士事務所の勧誘トークには驚きました。

「自分で過払い金の請求はできますが、サラ金相手だと後で必ず報復に会いますよ」
「例えば、放火とか待ち伏せで襲われるとか・・・・などなど」

このセリフには正直引きましたが、知人の紹介ということもあり、その司法書士事務所に過払い金請求の依頼をしました。

そして依頼をして半年の間、事務所からなんの連絡もありませんでしたが、
突然連絡があり、

司「先方3割和解提示していますが・・・」

私「なにぃ、そんなもの飲めるか!訴訟だ、訴訟!」

司「訴訟なら別途費用が15万ほど掛かりますが。
勝つとは限らないし3割和解した方がいいんじゃないですか?
あっ、もちろん成功報酬の21%は頂きますよ」

この間、その司法書士は何もせず、事務員が請求書送っただけ。

過払い金は、あなたの大切なお金です。
過払い金請求の依頼する時は、ネットでとことん調べて、可能な限り多くの法律事務所の対応・費用を比較して、慎重に依頼するべきです!!

【関連記事】
>>過払い金依頼の失敗例(1) 勝手に和解
>>過払い金依頼の失敗例(2) 司法書士に会った事すらない
>>過払い金依頼の失敗例(3) 酷い弁護士
>>過払い金依頼の失敗例(4) 借金カウンセラー
>>過払い金依頼の失敗例(5) 興信所から電話
[ 2009/08/06 23:06 ] 過払い金依頼の失敗例 | HOMEへ |