スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

過払い返還で報酬10億申告漏れ 認定司法書士ら120人 

この記事を見て、「やっぱり!」とか「氷山の一角だろ!」と思ったのは私だけではないでしょう。
過払いバブルも、あと1、2年で終わるため、今のうちに少しでも蓄えとこうという感じでしょうか。
全国的に過払い金の脱税は行われていることは容易に想像できます。
過払い金の脱税をした70%が認定司法書士です。

福岡、佐賀、長崎3県の弁護士と認定司法書士約120人が、貸金業者などに払い過ぎた借金の利息分を取り戻す「過払い金返還請求」の代理人として得た計約10億円の報酬を隠し、福岡国税局から申告漏れの指摘を受けていたことが18日、分かった。重加算税を含む追徴課税は計約3億5千万円という。

 同局によると、120人のうち約7割が認定司法書士。一般的に返還請求では、貸金業者からの返還金の約2割を依頼者から報酬として受け取るが、同局が2005年から07年までの3年間に請求の代理人となった約140人を調査したところ、約85%の120人が報酬を申告しなかったり、過少申告したりしていたという。

 最も所得隠しが多額だったのは福岡県の認定司法書士で、約1億円の収入を申告していなかった。この認定司法書士は、返還金を自ら管理する依頼者の預金口座に振り込ませ、報酬を引き出した後に通帳を返却。自分の預金口座を使わないことで、金の出し入れを分かりにくくしていた。同局はこの認定司法書士の手口は悪質として、重加算税を含む約5600万円を追徴課税した。

 福岡県司法書士会などによると、バブル崩壊後、司法書士の主な業務の一つの登記代行業務は約3割減少した。

 一方、司法書士は100時間の講習を受け国家試験を合格すれば、簡裁で行われる請求額140万円以下の訴訟代理人ができる認定司法書士になれる。認定司法書士は、06年に「グレーゾーン金利」での融資を認めない最高裁判決が出た後、「過払い金返還請求」という新たな仕事が増え、乗り出すケースが相次いでいるという。

 同会の秋根喬事務局長は「来年には法改正でグレーゾーン金利が無くなるため、依頼者の激減が予想され、仕事が無くなる前に稼ごうという心理が働いたと考えられる。悪質な会員が特定できれば厳しい処分をしたい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091019-00000014-nnp-soci
=2009/10/19付 西日本新聞朝刊=


佐賀県司法書士会の会長は「多重債務者の救済を目的とする業務の社会的信用の低下を危惧(きぐ)する」とコメントしていますが、もうとっくに社会的信用は低下しています。
多くの弁護士・司法書士の方は、多重債務者で苦しんだ方のために、過払い金返還に尽くしてくれています。
しかし、実際に悪徳弁護士・悪徳司法書士が存在するのも事実です。

借金で長年苦しんで、助けを求めて弁護士・司法書士に過払い金請求を依頼した人が、
報酬をぼったくったり、やる気がなく依頼を放置したりなどの被害を受けてまた苦しむことに。

こんな2次被害を受けないためにも、過払い請求の専門家選びの労力は惜しまないで下さい。
ネットで検索すれば莫大な数の専門家がいます。
その中から、実際に電話問い合わせや無料相談などをして
この人なら信頼して過払い金請求依頼できるという専門家を探してください。
信頼できる過払い金請求の専門家は必ずいます。

【関連記事】
>>過払い金依頼の失敗例(1) 勝手に和解
>>過払い金依頼の失敗例(2) 司法書士に会った事すらない
>>過払い金依頼の失敗例(3) 酷い弁護士
>>過払い金依頼の失敗例(4) 借金カウンセラー
>>過払い金依頼の失敗例(5) 興信所から電話
>>過払い金依頼の失敗例(6) 過激な勧誘トーク
>>過払い金依頼の失敗例(7) テレビCMをしている弁護士事務所
>>過払い金依頼の失敗例(8) 弁護士会からの紹介
[ 2009/10/20 22:12 ] 過払い関連ニュース | HOMEへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。