スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

債務整理するといった電話勧誘に注意! 

最近、弁護士やボランティア団体等を名乗って、「債務整理をしないか」・「過払い金返還請求をしないか」といって借金問題を抱えている消費者に近づきトラブルになるという相談が多くなっています。具体的には電話で勧誘し、着手金等を要求するといったものが多いようです。
特に注意すべき点は、相手側に個人名や住所、債務状況までもが漏れてしまっていることです。
個人の名前や携帯番号、自宅の電話番号に名指しで弁護士やNPO団体から電話が掛かってくるため、折り返して電話をしてしまうケースが多いようです。

残念ながらどこかの消費者金融かクレジットカード会社から情報が漏れてしまっているようです。

弁護士等やこれと提携した団体等が、個人を特定して債務整理を呼びかけるための電話勧誘を行うことは禁止されています。
そのため、電話勧誘をしてくる弁護士等やボランティア団体・NPO団体等は、高額な費用や着手金を要求する悪質なケースがほとんどです。

債務整理・過払い請求に関する電話勧誘は、はっきりと断りましょう。

債務整理をするとうたった電話勧誘に注意!(国民生活センター)
>>http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20091202_3.html

過払い金は、あなたの大切なお金です。
過払い金請求の依頼する時は、ネットでとことん調べて、可能な限り多くの法律事務所の対応・費用を比較して、慎重に依頼するべきです!!

【関連記事】
>>過払い金依頼 悪徳弁護士の特徴
>>過払い金依頼の失敗例(1) 勝手に和解
>>過払い金依頼の失敗例(2) 司法書士に会った事すらない
>>過払い金依頼の失敗例(3) 酷い弁護士
>>過払い金依頼の失敗例(4) 借金カウンセラー
>>過払い金依頼の失敗例(5) 興信所から電話
>>過払い金依頼の失敗例(6) 過激な勧誘トーク
>>過払い金依頼の失敗例(7) テレビCMをしている弁護士事務所
>>過払い金依頼の失敗例(8) 弁護士会からの紹介
>>過払い金依頼の失敗例(9) 依頼後9ヶ月初めて大手事務所の弁護士に会う
>>過払い金依頼の失敗例(10) 毎回担当者が変わる大手弁護士事務所
[ 2010/01/10 14:44 ] 過払い関連ニュース | HOMEへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。