スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

アイフルの過払い請求に対するクチコミ3 

アイフルの過払い請求に対するクチコミ パート3です。
人員整理で従業員も半減したため処理が追いつかないことを理由に裁判で不誠実な対応をしたり(→アイフルの無駄の無駄)、アイフルは昨年末にADRが成立して、少しはまともな対応に変わるかと思ったら、ますますひどくなった(→アイフルの控訴宣言)など、アイフルはあまり良い評判を聞きません。
アイフル 過払い金の対応のクチコミ・評判
  • アイフルに履歴請求したら、1ヶ月程かかると言われました
    店舗に取りに行くと言ったらそれでも一ヶ月とのこと。
    履歴請求ってこんなにかかるものですか?

    →10日前に司法書士に頼んで
    1週間くらいで来たよ

    →俺の場合も、店頭で請求した際1ヶ月かかるといわれたけど、
    実際には金曜日請求して翌火曜日に書面出来たと連絡、翌水曜日に取りに行った。
    多分、別会社からの債権譲渡分とか、取引が極端に長いとか、
    時間がかかるものについては一ヶ月位かかるって事なんじゃないかな。

    店頭で直接請求した場合はすぐに発行しなければならない決まりがあるって書き込みが、
    ちょっと前どっかにあったけど、その辺について本当のところは分からない。
    ただ、契約している(していた)店舗に直接行って請求したほうが良いとは思う。

    取引履歴の書面は取引店舗名義になっていて、実際にも取引店舗の担当者が直接作成しているみたいだった。
    (取りに行ったとき、受付の人間から担当者に「**さんの分もう出来ているの?」みたいな事を言っていたし。)

  • 12月15日に判決出たので請求書をアイフルにファックスで送ったら、支払いは来年でいいかと言われましたが無視して早く振込め!でいいのですか?仮執行付き判決です。

    →来年でいい→だめ
    って言わんかったの?
    執行しても良いけど、面倒だし金かかるし碌なことないよ。
    それまでに支払えって強く言えば?

    →俺は14日判決ですぐ電話して17日に入金だった。
    担当者の話では判決文の正本が届けば、翌日には入金可能って言ってたよ。


  • アイフルのADR成立で来年の9月末迄はとりあえず安心みたいだね。
    訴訟中だったから55%で早く解決しようと思った事もあったけど
    成立を信じて一か八か自分の考え曲げなくてよかった。


  • ADR合意で今からは少し落ち着いて、しっかり満5+5の判決貰いましょう。
    ただ当面は9月までの支払いにしないといけませんね。
     
     注意
       借り入れ  4460億(有担保3000億程度)
       無担保社債 3360億
               ↓↓
     来年9月
       借り入れ  3500億程度(ほぼすべてに良担保設定)
       無担保社債 1630億(早期償還もあり)
     要はアイが倒産しても貸付金は回収できるように組み替えしてる。
     
     もし9月以降アボンしたら過払いの回収は無理だと思って今の内にガンガレ。


  • 今からアイフル提訴したら、半年位で入金になるのでしょうか?

    →まず分断とか争点があると遅くなります。

    あと、依頼する弁や司の能力次第です
    またその能力を遥かに超える量の依頼を抱えている場合も遅くなります

    自分で裁判をやる場合でも、判事次第で遅くなります
    (やたら和解したがる判事とか、5回目以上になる判事とかいるみたいです)

    状況次第では判決出て、振込まではお盆近くまでかかるかもしれません
    うまく事が進んでGWかもしれませんが、これはあくまで何もかも当たりだった場合です。

    →早ければ2ヶ月程度です。

    →準備書面しっかり作れば2~3回。
    おれ11月初め提訴で1月初め結審。末判決。
    他の案件見ても3回以上は見たことないな。まああるんだろうけど。

    →自分は8月末に訴状提出
    10月上旬に一回目
    11月上旬に二回目
    12月半ばに判決
    一昨日に振込まれましたよ分断などの争点は無かったし、17条18条反論の理論武装はしていたんだけど、答弁書に付き合ったら、長引くと思い準備書面作らずに鬼の形相で答弁書には口頭で一回目も拒否、二回目も拒否

    口頭弁論で二言しか言わずに完全勝利しました。
    完全にど素人丸出しに判事さんも争わせても同じだと思ったのかも。
    運が良かったです。

    →やっぱり判事次第だよね。

    自分の場合は5月末に訴状を提出。
    第1回→6月末
    第2回→8月頭(社員出廷)
    第3回→9月中旬(社員出廷)
    第4回→11月中旬(社員出廷)
    判決→12月中旬

    3年弱の空白期間の争点あり。
    結局はこちらの完全勝利でした。

    判決が出た当日に判決文を送ってもらって、到着翌日に入金してもらいました。
    判決が出てから3日後には入金。
    もう少し早く判決は欲しかったが、本当にいい判事に当たってよかったと思う。


  • 今、アイフルは過払い何割和解なんでしょうか?
    7割和解なんて夢でしょうか?

    →5割5分

    →ほとんど無理だよ 俺も最初はこちらから7割和解を提示したのに
    5割しか出せないって回答を時間延ばしで返してきた上に
    その5割も4ヶ月以上先って言われた だからサクサク訴訟まで行くのがデフォ

    →提訴すりゃアイフルは満額+5の5だよ。
    まだ間に合うのになんで7割なんかで和解すんの?
    和解だと5月以降の分割。そのうえアイ潰れたら終了。
    判決貰えば遅くても5月には満額入ってるし。


  • アイフルを提訴したら満額で和解してほしいと連絡があった。
    分割じゃなく3月に一括払いで。(5+5は付かないけど)
    ADR以降対応変わったのかな?
    提訴は11月。

    →ADR成立以前はありえない対応だよね
    俺も一月下旬に一回目なんだけど満額和解交渉してくるのかな?

    と、あまりここで油断しちゃいけないし、
    5%も実際大きいしねぇ…
    因みにその満額和解に訴訟費用は出してくれないよね?


    訴訟費用はでなかったよ。
    1回目はADR成立直前で勿論アイフルは欠席したけど
    今年になってすぐ和解案だしてきたから
    もしかしたら少し対応が変わったのかな?
    俺は時間かかるのが嫌だったから和解したけど
    判決もらえば+5も訴訟費用も貰えるだろうから頑張って!


  • 4社提訴して2社は即ほぼ満額和解。武富士は2回で結審、先日判決も払いは3週後。
    強制執行だけは勘弁と泣きつかれ一週間だけ折れることにした。5%の利息でも数千円つくし。

    ただアイフルだけは徹底抗弁中。あーでもないこーでもないとここはすげえなw
    これからアイフル提訴するならとにかく一刻も早く行動に移す事をおすすめする。
    簡裁にもよるだろうが半年かかりそうだ。


  • アイフル過払い提訴から判決まで
    10月01日 提訴
    10月15日 アイフルより答弁書
    10月17日 第一準備書面提出
    11月10日 一回目 相手は欠席 5分で終了
    11月15日 アイフルより2回目の準備書面
    11月17日 受領書渡すついでに「こちらも準備書面書いた方がいいですか?」と
            書記官に尋ねる。「新たな反論がなければいいです」との事。無視する。
    12月15日 二回目 アイフル弁護士来る。和解の余地はなしと告げ結審。
    01月08日 判決 全面勝訴。
    01月12日 アイフルに電話。まだ判決文が届いてないとかムニャムニャ言うが
            強制執行する意思を伝える。来週には180万が・・。

    ただおれの場合はいい方かも知れん。裁判官にもよるみたいだし。
    他社なんか一回目で結審したのもあったしな。
    2ちゃんで見る分には4回とか5回の人もいたがw
    ここ半年は2回から3回じゃないかな。

    他社は満額なりで和解案だしてくるけど、アイだけは55%で一歩も引かんw
    もう6月までは大丈夫だろうから判決もらったほうがいいよ。
    和解だと6月からの分割とか言い出すから。


  • 履歴を取り寄せて過払い計算したら生きる希望がわいてきた…
    んで、この後は請求書を発送するのが本来の流れなんだろうけどアイフルさんに関しては即提訴で問題ないでしょうか?

    →流れとしたら再計算書・請求書送付→電話で交渉→返答 なんだけど
    送ってから返答をもらうまで俺は2週間くらいかかったし、初回の交渉段階で
    相手が提示してくるのは50%までで、その上支払いも4ヶ月先とかになる
    手順としては提訴する前に和解する意向があった事を示しておきたいとこだと思うんだけどどうだろ
    取り合えずまずは一度、電話してみてはどうだろう?


  • 今、アイ相手に提訴前交渉中なのですが、最初元金3割和解を求めて来ました。
    正直提訴したい訳ではないのですが、あまりに意味がわからない低い金額の提示で驚いてます。

    その後「元金の5割程度(55%弱)、6ヶ月後入金」というの話になりそうなのですが、現在の訴外和解の相場はどのくらいなのでしょうか?

    ちなみに会社を休めないかもしれない心配から、やるなら自分ではやらず弁に頼むつもりではいます。
    元金は20万です。

    →その元金額だと弁護士に依頼した場合、実際手に出来る金額は
    相当小さくなり、アイフルと和解した額とそんなに変わらなくなるのではないでしょうか
    そもそも訴額が小さいと相手にしてもらえないとも聞きますが・・・
    因みに事前に和解交渉した場合の相手の提示してくる上限はそれくらいがいっぱいです。

    実際に訴訟と言っても法廷にて主張を書面で出すくらいのものですし、
    身内の方や親類の方など、代理人を立ててその人にお願いすると言う方法もあります。
  •  

  • 12月中旬・アイフルと訴訟前交渉決裂
    12/25提訴
    1/21答弁書到着 13ページ

    「不当利益の45%は法人税として納付しちまったから55%しか返さない」とさ。
    それと次回口頭弁論は60日以上先にしてくれだと。

    次回口頭弁論も満額以外は拒否する予定だから、
    速やかな判決を求めるとか言ったほうがいいかな。

    ちなみに同時提訴のプロミスは、訴外和解が一応成立して4/8に満額振込予定。
    1/26の初公判でハンコ押す予定。


  • 裁判してもアイフルは5%は無理なんでしょう?
    みなし弁済が成立すると思っていたら悪意ではないとか。
    それなりに書面も交付する体制にあったとか。
    そんな答弁書が来たらどうしたらいいですか?

    →思ったとか言うだけじゃ駄目、その証拠を業者側が出さないといけない。
    書面を交付する体制だったことが立証されても
    実際に交付した証拠にはなってない。よって悪意。
    通常はこれだけの理屈で原告全面勝訴判決が出る。

    中には向こうの言い分認める判事もいるらしいので
    運が悪かったと諦めるか、控訴して別の裁判官の判断を仰いでください。

    →裁判では争点次第ですが、満額+5%が常識です。
    当然訴訟費用も向こう持ち。
    アイフルは早めの勝負が良いようです。


  • アイフルから答弁書きた。
    15ページあった。
    内容としては、まず、認否ってのが1ページ使ってある。
    1、原被告間の取引内容は、取引計算書と合致する部分は認めるけど、合致しないものは認めない。
    2、取引の一連計算は、完済時点で分断
    3、悪意の受益者についてはあらそって、民法第704条主張
    4、履歴不開示の慰謝料は争う

    俺履歴不開示慰謝料請求してないんで、定型書面だね。

    内容面は
    1、みなし弁済を主張できるけど、面倒だからしないww
    2、17条、18条書面を交付できる体制にあって、17条、18条書面の不備で行政処分は受けていないだから悪意の受益者じゃない。
    この立証には個別立証はいらない。一般的に交付できる体制を整えていることが立証できればそれで十分。
    3、悪意の受益者じゃないんで、返還するのは現存利益でオーケー。そんでそれは過払い元金の55%。
    →まださっき来たばかりなのでよく理解できてないけど、いろいろ推計計算をして、過去に支払った法人税額なんかを考えればそうすべきって主張。
    4、仮に悪意の受益者だったとしても、過払利息の発生は取引終了時の翌日からという主張
    5、取引分断
    6、消滅時効

    ってな内容。
    1は立証しないならそれでオーケーだよ~ん
    2は、交付できる体制にあったことは不知、17条、18条書面の要件を満たしていたこと、「全て」交付されたことは否認
    3、2だから悪意の受益者でしょ~ってのと、予備的に、現存利益だとしても55%にならない。仮に過去法人税が納付さ
    れていたとしても過払い支出すれば今年度の利益は圧縮され、その分今年度収める法人税額は減る。だから法人税が
    現存利益を圧縮する根拠にはなり得ない。
    4、最高裁判例
    5、分断があるとしても、46日。また、当該第1取引と、第2取引は同一条件で同一枠無いで借りた。基本契約自体を変
    更したことについては否認。だから一体。
    6、5だから関係ない。最高裁判例
    で反論書面を書こうと思ってます~

    それと、そこかしこに、アイフルの主張を争うならば次回まで主張立証のための期間を最低60日間くれ~って書いてある。
    でも、さんざん提訴までに交渉したんだから、そんなもん不要って意見も書いておく。


  • 裁判の1回目は、被告が欠席するケースが多いって聞くけど、出てくることもあるんだよね?
    その基準って何なんだろ。
    送ってきた答弁書には「欠席する」とは書いてなかったけど、その場合は必ず出てくるの?
    アイフルは55%を主張するけど、アイフル寄りの判決が出たことってあるの?

    あと、「アイフルはもうつぶれる寸前」って聞いてたからあせったんだけど、
    でも相談した弁護士さんが「いや、アイフルは結構しぶといよ」って言ってたけどどう思いますか?

    →口頭弁論には原告被告のどちらか一方出廷すればいい。
    出ない方は答弁書を事前に提出しておけばいいんだよ。
    たーだーし裁判官の心象があるから出廷したほうが有利に
    交渉を進められる事は間違いない。

    去年の年末からほぼ100%出廷してるよ。出廷専門部署が出来た。

    55%は出た事はわずかだがあるよ。判決じゃなくて原告との和解によるもの。

    原告代理「100%で返せ!原告は困っている。」
    アイフル「昨今の状況じゃ100%も返せない。倒産する。」
    裁判官 「被告の状況もある為、すこし減額できないか?」
    アイフル「55%で和解してくれるなら、返還金即お返しします」
    アイフル「出せて70%だ、これなら6ヶ月後に返却する。どっちか選んで」
    原告代理「原告と相談して55%でいいわ~」
    アイフル「うはwwwおkwwww任務完了」

    実際は原告100%もしくは判決を求むんだけど裁判官も100%は無理だ!と怒る。
    すくなくとも原告にも融資を受け経済的にも助かった経緯があるから減額しろ!
    といわれる。アイフルは55%を目標設定されてるからここから相手に合わせて数字調整。

    →アイフルと交渉する時は徹底して和解では無くて判決を求めましょう。
    和解で完結すると、返還率によって支払日を嫌がらせで遅らせるからね。
    判決だと即入金するよ。素人でも問題なし。裁判官に分かりにくいから理解
    できるように説明してほしい旨説明すればいい。

    ただ、個別の案件になるから具体的な弁論アドヴァイスは現状の材料ではできない。
    契約期間や完済歴があればそこついてくる。たとえばだけど、一度でも残高0になれば
    完済扱いで、過払い起算日を一度リセットする計算書出してくるよ思うよ。

    これを分断の主張といって同業他社も同じ事する。
    残0後 追加融資を受けた事=新たな契約をしたと主張するんだ。
    これは認めないでおk。実際案内してないしね


  • 俺の傍聴してたアイフル案件

    被告:事前に和解を提案しました。
    原告:この金額では和解の受入は出来ません。
    判事:被告はどうするのですか?
    被告:社に戻って検討させてください。

    ってことで次回持ち越し

    これ、法廷でやることじゃねえと思ったよ。
    この後、俺の番だったけど、アイフル欠席で初回で弁論終了、次回判決になった。
    まあ、判決が出てみないことには笑えないんだけどね。

    ただ、アイフルが出廷するしないの基準はなんなのだろう?

    →俺の前の案件では出廷してて、
    裁判官からも「いつも出廷しないのに今回出廷したのは何で?」と突っ込まれてたよ。
    アイフルの人、予想外の質問にしばし絶句して「態勢が整ったから」とか言ってた。
    んでもって、俺の時には出廷しないんだもの。

    →元中の人だけど基準が変わったんだろうね
    どうもここ見てると未出廷が目立つ。
    アイフル基準だと過払い50万が一つの指数と推測する。
    ガンガン請求して判決貰って即返金してもらいましょう!


  • [2009/12/25~2010/02/05]

    【関連記事】
    >>アイフルの過払い請求に対するクチコミ 2
    >>アイフル 私的整理(ADR)へ 過払い金はどうなる?
    >>アディーレ法律事務所のクチコミ・評判 2
    >>法律事務所ホームロイヤーズの評判・クチコミ(過払い金依頼)
    >>過払い金依頼の失敗例
    [ 2010/02/07 01:53 ] 過払い金 アイフル | HOMEへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。