スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

アヴァンス法務事務所を非弁行為で告発・事務員が交渉の疑い 

過払い金返還のテレビCMを流している大規模な事務所では、「利益第一」で依頼者を受け入れるだけ受け入れて、事務所の処理能力がオーバーしてしまい無資格の事務員が過払い・債務整理の交渉をしているのでは?という噂はかなり以前からありました。
アヴァンス法務事務所が告発されやっと表に出てきたかという感じです。
多重債務者の過払い金返還のテレビCMなどで知られる司法書士事務所「アヴァンス法務事務所」(大阪市中央区)で無資格の事務員が法務事務をしたとして、大阪弁護士会が、弁護士法違反(非弁活動)の疑いで、事務所の運営法人「アヴァンス・リーガルサービス・グループ」と所属の司法書士や事務員計5人を大阪府警に告発していたことが8日、分かった。

 弁護士会によると、同事務所は平成19年12月~20年6月、資格がない事務員が事務所所属の司法書士の名義を使って多重債務者の女性の任意整理手続きを代行し、報酬として約33万円を受け取ったなどの疑いが持たれている。

 大阪司法書士会などによると、事務所は19年6月に設立され、司法書士12人が在籍。テレビCMや電車などの広告で顧客を集めて多数の事件を受任しており、司法書士会も昨夏以降、事務所の代表から、司法書士による適正な業務ができているか事情聴取するなど調査を続けていたという。

 アヴァンス法務事務所の副代表司法書士(25)は「詳しい内容を把握しておらず、事実関係を確認したいが、きちんと法律にのっとって業務をしている」と話した。

以上、4月8日11時43分配信 産経新聞

大阪弁護士会から非弁活動で刑事告発を受けたアヴァンス法務事務所のコメント
>>http://www.avance-law.net/apology.html

また、別の依頼者からも非弁活動で法務局にアヴァンス法務事務所への懲戒請求があり、大阪司法書士会幹部が陳謝しています。
大阪司法書士会が9日午前11時~午後5時に「緊急対応ダイヤル」を開設したところ、「きちんと処理してもらえるかどうか不安」など計134件の相談や苦情が寄せられました。その中には、「事務所とは携帯電話のメールでやりとりしているが、司法書士とは一度も会っていない」と訴えた依頼者もいたといいます。

去夏以降、アヴァンス法務事務所の調査をしていたにもかかわらず、非弁行為を見抜けなかった大阪司法書士会に大きな責任があります。アヴァンス法務事務所だけではなく、過払いの業務が適正にできているか苦情は以前からありました。大阪司法書士会の自浄能力がなく、大阪弁護士会から刑事告発を受けてしまいました。

それにしても、アヴァンス法務事務所の副代表司法書士の年齢が25歳。
アヴァンス法務事務所の平均年齢が32.3歳。
これは、ちょっと年齢が若すぎますね。

過払いの縄張り争いは、弁護士と司法書士の間で激しいものがあります。
競争相手を潰す為、弁護士会が告発されたのではという見方もあるようです。
しかし、法律事務の事務職員への丸投げは司法書士に限らず、弁護士でも十分起こりうることであり、クチコミでは現実にそのような苦情・被害はあります。
司法書士を告発するのなら、それ以上弁護士の問題・苦情に対して厳しく調査・対応して欲しいものです。

過払い金返還をビジネスとして扱うことに批判的である日弁連新会長・宇都宮氏の今後の「依頼者第一」の改革に期待しています。

過払い金は、あなたの大切なお金です。
過払い金請求の依頼する時は、ネットでとことん調べて、1社だけではなく可能な限り多くの専門家の対応・費用を比較して、慎重に依頼しましょう。
あなたが信頼できる専門家は必ずいます。

【関連記事】
>>アヴァンス法務事務所のクチコミ・評判
>>司法書士法人萩原事務所のクチコミ・評判(過払い金)
>>法律事務所MIRAIO・法律事務所ホームロイヤーズの評判・クチコミ(過払い金依頼)
>>日比谷ステーション法律事務所・虎ノ門ステーション法律事務所のクチコミ・評判(過払い金)
>>アディーレ法律事務所のクチコミ・評判
>>アディーレ法律事務所のクチコミ・評判 2
>>過払い金依頼の失敗例
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。