スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

過払い金依頼の失敗例(16) 「1度ご自分でやってみては?」 

テレビCMを流している弁護士事務所に電話相談しました。

私は2年前に全ての金融会社完済してます。
借入先は、アコム・武富士・三洋信販・プロミス・レイクです。

電話相談に出た弁護士は開口1番、
「現在だと、過払い金満額返還はまず無理だと思って下さい。
最悪は費用とプラスマイナス0で終わることもあります。」
と言われました。

プラスマイナス0なら依頼する意味がないですよね?
と弁護士に言うと、

「今はそれが実情です!」
と言われました。

では、自分でしたが良いですね。と言うと、

「かなり難しいでしょうね!1度ご自分でやってみては?」と鼻で笑う感じで言われました。

依頼するなら、そういう場合もあるから考慮して、依頼したければどうぞといった雰囲気でした。

その態度に怒りすら覚え、すぐに電話を切って地元の弁護士を何ヶ所か相談しました。
今は、親身な弁護士さんに依頼して提訴中です。


テレビCMを流している大手弁護士事務所の中には、消費者金融と結託し過払い金の半額程度で和解して、消費者金融の負担を極力少なくして、依頼者である客の回転を早くすることで、弁護士費用をむさぼる悪徳弁護士事務所が存在するのは事実です。

アコム・武富士・三洋信販・プロミス・レイクは、全社提訴すれば過払い金満額回収は可能です。

まずは、事務所の過払い金請求に対する方針をしっかり聞いた上で
過払い金請求依頼をすることが重要です。
過払い金は、あなたの大切なお金です。
過払い金請求の依頼する時は、ネットでとことん調べて、可能な限り多くの法律事務所の対応・費用を比較して、慎重に依頼するべきです!!

【関連記事】
>>債務整理・過払い専門家ブログ集
>>過払い金依頼の失敗例(1) 勝手に和解
>>過払い金依頼の失敗例(2) 司法書士に会った事すらない
>>過払い金依頼の失敗例(3) 酷い弁護士
>>過払い金依頼の失敗例(4) 借金カウンセラー
>>過払い金依頼の失敗例(5) 興信所から電話
>>過払い金依頼の失敗例(6) 過激な勧誘トーク
>>過払い金依頼の失敗例(7) テレビCMをしている弁護士事務所
>>過払い金依頼の失敗例(8) 弁護士会からの紹介
>>過払い金依頼の失敗例(9) 依頼後9ヶ月初めて大手事務所の弁護士に会う
>>過払い金依頼の失敗例(10) 毎回担当者が変わる大手弁護士事務所
>>過払い金依頼の失敗例(11) NPO団体から紹介された弁護士
>>過払い金依頼の失敗例(12) 電話を掛けただけで
>>過払い金依頼の失敗例(13) 過払い金の交渉状況を聞くと怒る司法書士
>>過払い金依頼の失敗例(14) 提訴してないのに提訴したと嘘をつく有名事務所
>>過払い金依頼の失敗例(15) 「それではよそへ変わりますか?解任されますか?」
[ 2010/08/07 20:59 ] 過払い金依頼の失敗例 | HOMEへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。