スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

弁護士が語る失敗しない過払い請求依頼 

東京や大阪ならネットで「過払い・司法書士」で検索して上位に出てくる事務所名の中で、カタカナ名の事務所は必ずスルーすること。

個人名の事務所のサイトを順番にチェックして、報酬を明記している事務所を選別する。
サイトに報酬が明記していない、メールで問い合わせしないと報酬が分からない事務所は避ける。
報酬が税込み18.9%以下で、交通便利な事務所を選んで一度訪問・面談する。
初回の面談時に、着手金と裁判費用の諸費用を確認し、事務所の過払い請求に対する方針を聞いて、和解する場合は必ず依頼者に了解を取ることをお願いする。
その面談で、好感が持てて信頼できそうならその事務所に依頼。

着手金が1件当たり1万円、訴訟費用が1件当たり3~5万円が相場。
出廷費用は訴訟費用に含むか、1回1万円程度。
引き直しは取らない(取れない)所に頼むのがよい。

報酬金が安い弁護士・司法書士があるが、安かろう悪かろうなのではないかと思いがちだが、
実際は逆の場合が多い。
大抵安いほうが優秀。
依頼が多い(過払い以外の)弁護士ほど、1件の過払いごときで大山当てる必要がなく、報酬でがっつかない。

そもそも、弁護士報酬の相場って非常にざっくりいえば経済的利益の1割が相場。
過払いだけがなぜか高い。事案としても物凄く簡単なのに。
それは過払いしか事件取れないダメ弁護士間の相場という他ない。

安い事務所は人気があって、それだけ入金までに時間かかったりするのではと思われているが、
それも反対。
ボッタクリの手抜き弁護士・司法書士ほど着服したり、事務所経費に流用するため支払いを遅らせたりする。
過払い程度の事案なら、弁護士が実際に作業するのは依頼者との面談と業者との交渉、裁判所に行く時だけ。
書類作成、裁判所の書記官との書類のやり取りは事務局がやってしまう。

と、過払い請求をやらない通りすがりの弁は思っている。

【関連記事】
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング
>>過払い金依頼の失敗例
>>各業者の過払い金対応と過払い金返還までの時間
>>過払い金依頼の失敗例(19)「あなた以外にもたくさん案件があるから無理」
>>法律事務所MIRAIO・法律事務所ホームロイヤーズの評判・クチコミ(過払い金依頼)
>>日比谷ステーション法律事務所・虎ノ門ステーション法律事務所のクチコミ・評判(過払い金)
>>アヴァンス法務事務所のクチコミ・評判
>>司法書士法人萩原事務所のクチコミ・評判(過払い金)
>>アディーレ法律事務所のクチコミ・評判
>>アディーレ法律事務所のクチコミ・評判 2
>>法律事務所ミライオに過払い請求依頼をした人の評判
[ 2011/07/05 17:21 ] 過払い金依頼 クチコミ | HOMEへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。