スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

武富士、会社分割を延期&社員の8割・1300人退社へ 

武富士に関するニュースが2つ出てきました。
まずは、12月1日に予定されていた会社分割の延期するというニュース。
もうひとつは、武富士の社員の8割に当たる約1300人が退社するというニュースです。

【武富士、1300人が退社へ 社員の8割、想定上回る規模に】
昨秋に経営破綻した消費者金融の武富士で、今年3月末に在籍していた社員の8割に当たる約1300人が退職することが30日、分かった。大半の社員が同日付で退職した。同社の事業を引き継ぐ韓国同業大手は人員削減の規模を約1000人と想定していた。会社の先行きに不透明感が強いことから希望退職者が相次ぎ、想定を上回ったという。

武富士の社員数は更生手続きを開始した昨年10月末時点で約1800人おり、今年3月末には約1600人にまで減っていた。4月に同社のスポンサーに決まった韓国A&Pファイナンシャルは人員や店舗数の削減によってコストを抑えて事業を引き継ぐ考えだった。

また武富士は30日、12月1日に予定していた会社分割を12月31日までの間に延期すると発表。具体的な実施日は今後詰める。スポンサーのA&Pが韓国での貸し付けを巡り当局から行政処分を受ける可能性があるため。

武富士は10月末に更生計画の認可を得た。A&Pが武富士を買収し、会社を新旧2社に分割。A&P傘下の「新会社」が武富士ブランドで融資事業を再開し、「旧会社」が債権者への支払業務にあたる予定だった。[日経新聞]


武富士のスポンサーであるA&Pファイナンシャルが本国韓国で経営している「ラッシュ・アンド・キャッシュ」が韓国金融監督院より法定金利以上で貸付を行っていたとして全面営業停止処分を受けました。(>>武富士スポンサーのA&P社が営業停止に
行政処分を受けるような会社がスポンサーになってまで武富士は存続させないといけないのでしょうか?
A&Pファイナンシャルは、人員削減の規模を約1000人と想定していたようですが、会社の先行きに不透明感が強いことから希望退職者が相次ぎ、想定を上回ったと言われます。

正直武富士に関しては、不透明な部分が多くきな臭い感じがします。
この会社分割の延期によって、たった3%の過払い金返還にも影響が出てくるかもしれません。

武富士関連の情報は以下のブログ様に詳しく書かれています。
>>武富士 スポンサーが営業停止 更生計画に暗雲3 ~武富士、会社分割を延期 過払い金返還に影響か~(武富士株主奮闘記さま)

過払い金は、あなたの大切なお金です。
過払い金請求の依頼する時は、ネットでとことん調べて、可能な限り多くの弁護士・司法書士の対応・費用をじっくり比較・検討した上で、依頼するべきです!!
過払い金を取り巻く状況は、非常に悪くなっています。
早急に、電話やメール問い合わせなど行動を起こしてください。

【関連記事】
>>過払い金依頼 弁護士・司法書士人気ランキング
>>弁護士・司法書士ブログリンク集
>>過払い金依頼の失敗例
>>弁護士が語る失敗しない過払い請求依頼
>>過払い金 プロミス
>>過払い金 アイフル
>>過払い金 アコム
>>新生フィナンシャル・レイクの過払い金請求の対応・評判(2)
>>セゾンカード 過払い金の対応(2)
>>過払い金 三菱UFJニコス
[ 2011/12/01 02:48 ] 過払い関連ニュース | HOMEへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。