スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

過払い金依頼の失敗例(23) 過払い金がない!! 

事前にネットでいろいろ情報を調べて過払いがあると思っていたのに
いざ依頼してみたら過払いが無い、これは本当に残念です・・・。

私の場合は過払い金計算機というネット上のアプリ?を使って概算の過払い金金額を調べたところ
20万円くらいの過払いになるのではないか、ということですごく期待していました。
少なくとも借金は帳消しになるかな、くらいには思っていました。


ですが、実際に弁護士に調べさせたところ、引き直し計算で残金が残るとのこと。
で、私もおかしいと思ったので「ネットで計算をしてもらたら過払い金が出るって言われたんですが!」
と言ってみたのですが、計算した表を見せて頂いて、それでも納得いかないので、ネットで 広告が出ている大きな法律事務所にも5事務所位相見積もりをさせました。

でも、結果として1円単位で同じでした・・・。
計算の仕方はどこも一緒で、結局は同じ金額になるんですね。

それと、今の借金の状況と見通しについては弁護士さんから話を聞きましたが
そこから先は一度も弁護士さんとお話をしないままでしたよ。たぶん大手はどこも一緒かもしれません。
そもそも、私の場合は弁護士さんと別に話がしたかったわけではなかったので助かりましたが(笑)

ちなみに、私の妻はこういう問題に結構神経質なので、
「最初に依頼した弁護士がなかなか出ないし、電話をする度に担当事務員が違うのは何でよ!」
と私に代わって怒鳴っていました。

その時の私が依頼した大手法律事務所の回答としては
「依頼を受けた案件をできるだけ速く処理するために分業制をとっています。そのため、事務員が電話に出ることもあり、また場合によっては担当事務員が違うことがあります」と言われたそうです。
電話しても最初に話をした弁護士が出なかったり、電話する度に担当が変わるのは、大量の案件を受け付けている大手の法律事務所ではやむを得ないようです。

かといって、私のような田舎住まいの場合、地元の弁護士さんに依頼するのはちょっと・・・なので
少しビジネスライクでも、淡々とこなしてくれる東京の大手法律事務所は助かりました。

過払い請求をする依頼する場合は、その事務所の過払い金請求に対する方針を
しっかり聞くことが重要です。
過払い金は、あなたの大切なお金です。
過払い金請求の依頼する時は、ネットでとことん調べて、可能な限り多くの法律事務所の対応・費用を比較して、慎重に依頼するべきです!!

【関連記事】
>>アディーレ法律事務所のクチコミ・評判 3
>>債務整理・過払い専門家ブログ集
>>過払い金依頼の失敗例(1) 勝手に和解
>>過払い金依頼の失敗例(2) 司法書士に会った事すらない
>>過払い金依頼の失敗例(3) 酷い弁護士
>>過払い金依頼の失敗例(4) 借金カウンセラー
>>過払い金依頼の失敗例(5) 興信所から電話
>>過払い金依頼の失敗例(6) 過激な勧誘トーク
>>過払い金依頼の失敗例(7) テレビCMをしている弁護士事務所
>>過払い金依頼の失敗例(8) 弁護士会からの紹介
>>過払い金依頼の失敗例(9) 依頼後9ヶ月初めて大手事務所の弁護士に会う
>>過払い金依頼の失敗例(10) 毎回担当者が変わる大手弁護士事務所
>>過払い金依頼の失敗例(11) NPO団体から紹介された弁護士
>>過払い金依頼の失敗例(12) 電話を掛けただけで
>>過払い金依頼の失敗例(13) 過払い金の交渉状況を聞くと怒る司法書士
>>過払い金依頼の失敗例(14) 提訴してないのに提訴したと嘘をつく有名事務所
>>過払い金依頼の失敗例(15) 「それではよそへ変わりますか?解任されますか?」
>>過払い金依頼の失敗例(16) 「1度ご自分でやってみては?」
>>過払い金依頼の失敗例(17)「少額だから自分でやれ。プロミスだけならやるけど。」
>>過払い金依頼の失敗例(18)「来月には提訴すると思いますよ。ワッハハハ」
>>過払い金依頼の失敗例(19)「あなた以外にもたくさん案件があるから無理」
>>過払い金依頼の失敗例(20) とにかく事務所に来いとゴリ押し営業する有名弁護士事務所
>>過払い金依頼の失敗例(21) 「うちに来る方はもっと大きい金額の方ばかりなので」
>>過払い金依頼の失敗例(22)「この過払い金利息少ないですね!」
[ 2012/08/04 22:25 ] 過払い金依頼の失敗例 | HOMEへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。