スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

今まで高金利でしたが、最近金利が大幅に下がり利息制限法の範囲内になりました。 

貸金業者はあらゆる手を使って、債務者の過払い金返還請求を1円でも少なく抑えようとします。上場してテレビCMをしている大手消費者金融でもそうです。
例えば、それまでは29.2%の高金利を設定されていたのにもかかわらず、急に、金利を大幅に利息制限法の範囲内まで下げましたという通知がくる場合があります。この際素直に喜んではいけません。
なぜなら、これは債務者を喜ばせて安心させて過払い金返還請求をさせないようにするという思惑があります。過払い金の存在を隠すためです。
金利が下がるまで、債務者は法外な高金利で返済を続けていたのであり、過払い金が発生している可能性が十分あります。

>>借金ランキング   >>借金・借金苦ランキング
[ 2009/01/12 03:02 ] 過払い金よくある質問 | HOMEへ |

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。