スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

グレーゾーン金利で借りてるなら過払い金を請求できますか? 

グレーゾーン金利が世の中で取り上げられてから、利息がグレーゾーン金利なら必ず過払い金が発生していると思われている方が多くいられます。
「高い金利の消費者金融から3年ほど借りてるけど過払い金があるのでは?」
という質問も多いです。

民事法である利息制限法はの利息では、20%を超える事はありませんが、刑事法である出資法では29.2%が上限です。その間の金利がグレーゾーン金利と呼ばれるものです。
「グレーゾーンは違法である」という話だけが一人歩きをして、利息制限法を越える金利を払っていれば、払う必要のない利息をはらっていたので、その利息が返ってくる=過払い金と考えてしまいます。

しかし、グレーゾーン金利=過払い金ではありません。

例えば、50万を業者から借りていて、利息制限法を越えるグレーゾーン金利29,2%の利息を払っていた場合、それだけでは過払い金は発生していません。
利息制限法を越える利息は、元本に充当されることになっており、返済金額にもよりますが、元本がゼロになるのは約5~7年かかります。

元本50万に対する利息制限法の利息は18%なので、1年間に9万円は利息として認められます。
もし月に1万円の返済をしていたとすると、完済までは92万円、92ヶ月かかります。
この92万円を超えて返済していなければ過払い金は発生しません。

利息制限法の法定利息で計算して元本がゼロになった時点でも、まだ返済し続けている、
元本がゼロになって、そこからはじめて過払いという状態になるのです。


>>借金ランキング   >>借金・借金苦ランキング
[ 2009/01/15 11:42 ] 過払い金よくある質問 | HOMEへ |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/08 23:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。