スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

アコムとの過払い交渉 

1週間前過払い提訴で今日アコムから和解についての電話が来た。


アコム「1回目の期日(1月15日)前に入金致しますので、8割で和解していただけませんか?」

俺「無理です。こちらは提訴前にそちらに減額和解の申し入れをしましたが拒否されたのはそちらです。こちらの希望は訴状通りの額です。減額する気はありません。」

アコム「そうですか・・・こちらとしましては裁判で争うことなく訴外で和解したいと思っているのですが。」

俺「それは私も同じです。しかし、提訴前の交渉で、裁判になった場合減額はできないと伝えたはずです。」

アコム「そちらの言うことはわかります。では、間を取って元金+利息の9割でいかがですか?」

俺「先ほども言いましたが減額和解を拒否されたのはそちらです。9割での和解に応じるつもりはありません。」

アコム「そこを何とか・・・」

俺「では、元金+利息の9割5分で1回目期日前の入金でしたら和解を考えてもよいです。」
(9割と9割5分で約2万の差)

アコム「何とか、9割でお願いできませんか?」

俺「これ以上は無理です。」

アコム「元々過払い金の利息については、悪意の受益者~云々」

俺「そういうことは裁判で話し合いましょう。」

アコム「アコムとしましては裁判で争うのは避けたいと思っております。

俺「先ほども言いましたがそれは私も同じです。しかし、お互いの妥協点が合わなければ仕方ないと思っております。」

アコム「では、来週の月曜日にもう一度電話しますのでお互い考えてみませんか?」

俺「考えるのはいいですが、これ以上の減額は無理ですよ?。」

アコム「考えていただくだけで構いませんので・・・。また月曜日電話いたします。」
[ 2009/03/04 12:14 ] 過払い金 業者との会話 | HOMEへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。