スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | HOMEへ |

スタッフィ 過払い金請求の対応 

スタッフィ(ステーションファイナンス)は、阪急阪神ホールディングスの連結子会社であったが、大証2部上場の商工ローン業「イッコー」に保有する全株式を売却する。

スタッフィは、大手消費者金融で借入できない人の受け皿的存在で、主に関西地区・阪急電鉄沿線を中心に店舗展開していたが、グレーゾーン金利の返還請求などで業績が悪化。

イッコーは、ネオラインキャピタル(旧カザカファイナンス)の子会社である。
ネオラインキャピタルの関連企業には、SFコーポレーション(旧・三和ファイナンス)・フロックス(旧クレディア)と曲者ぞろい。
イッコー」に売却されたスタッフィ
早速、平成21年3月9日から与信を厳格化を実行し、かなりの利用者が出金停止の状態になっている。
また、法改正を前に一層の合理化を推進する為、『自動契約機、及び当社ATMの廃止』の実施が決定された。
与信厳格化実施のお知らせ(スタッフィ)
店舗閉店のお知らせ(スタッフィ)

「イッコー」に売却されたスタッフィの過払い金の対応も変化が見られるようになった。

スタッフィ過払い金の返還を、なんと4割しか返還しないという方針に変更している。

ネオラインキャピタルの関連企業、SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)フロックス(旧クレディア)は過払い金の返還は素直に応じず、引き直しの計算をして、債務が残れば分割は認めず一括で請求してくる。
任意整理で分割返済は認めない、法定利息はとる、介入通知してから支払始まるまでの間の延滞金もとる。
評判は悪く、ロクな会社ではない。

過払い金の4割なんて到底納得できる訳がない。
スタッフィへの過払い請求を考えている方は、断固たる意志で提訴されることをオススメする。

[ 2009/03/23 12:40 ] 過払い金 スタッフィ | HOMEへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。